木彫刻山岸では家紋を江戸木彫刻の技法で家紋彫刻し家紋額を作成いたします

HOME家紋額商品のご案内注文方法サイトマップ
家紋額の彫刻HOMEへ

ご挨拶(HOME)

家紋額商品のご案内

家紋の彫刻例

彫刻師ご紹介

彫刻師の道具

ご注文方法

工房のお問合せ
至高の家紋TOP> 彫刻師の道具
スペース スペース
  彫刻師にとって道具は命の次に大事なものです。
扱う道具は木の材質・大きさ・弧の形状すべてに合わせた道具を使うため千差万別で、
作業の前には全ての刃先を砥石で丹念に磨ぎ 心も一緒に研ぎ澄まされてゆきます。
全ての道具が職人の心と技術を忠実に再現してゆき家紋を製作します。
 
彫刻師の道具:鑿(ノミ)2

【鑿(ノミ)】

彫刻師の道具:鑿(ノミ)1
鑿(ノミ)の使い方は、彫刻師にとってまさに腕の見せ所の技術。荒削りから仕上げまでの様々な種類のノミを使用します。
数百本もある種類の鑿(ノミ)を使い分け、様々な木や要望される彫刻に対応しています。現在もより多くの彫刻に対応するために鑿(ノミ)の本数も増えつづけています。
 
彫刻師の道具:鉋(カンナ)2

【鉋(カンナ)】

彫刻師の道具:鉋(カンナ)1
表面の仕上げに使用します。
鉋(カンナ)はただ平面を仕上げるだけではなく、木の材質や様々な曲線に合わせた種類が必要になります。
鉋(カンナ)の技術は奥が深くまた難しいものです。
使用しているカンナの数は大小合わせて数百丁あり現在もまだまだ増えつづけています。
 
彫刻風景2

【彫刻風景】

彫刻風景1
彫刻はまさに木との真剣勝負。
巧みな技術でノミやカンナを使い、板状だった木が家紋へと形取る様はまるで魔法のよう。
木目の使い方一つ、彫り一つ、すべてに50年の経験と技術が活かされています。
お客様のご依頼された家紋デザインにあわせて、彫刻師が心を込めて皆様の家紋額を作成しています。
ページトップへ
江戸から受け継がれた伝統の技を手にとって、ながめて、実感してください・・・
技を極めて50年 家紋彫刻のオンライン直販専門店
木彫刻山岸
〒132-0014 東京都江戸川区東瑞江1-33-4
●ご質問はお気軽に >>>
TEL:03-3670-5651 / FAX:03-3670-5609
■日本木彫連盟 江戸木彫刻 会員
■東京都江戸川区 木彫刻製品製造業認可工場 第07-0070号
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます。
Copyright (C)2005 家紋彫刻の木彫刻山岸. all right reserved.